京都夢恋路物語・第14話までの登場人物一覧、次回予告

沢水四条(さわみずしじょう)…
「沢水呉服店」を経営する親に嫉妬し、家出。
遥の家に居候するはずだが…

古河 遥(こが はるか)…
四条の恋人、北野白梅町に家を持つが
極度の方向音痴

静内春日(しずうちかすが)…
四条の同級生。四条に恨みを持っていたが
ばあさんのお陰?で吹っ切れる。

謎のばあさん…
推定年齢60~70歳
世界の危機を四条らに託そうとするが…
素性を一切語らない謎のばあさん

その他
四条の父、母、職安の受付の人、病院関係者など

[次回予告]
四条たち3人はばあさんの頼みを受け入れるのか
そして、世界征服を企む奴とは…
今後も目が離せない、京都を舞台に繰り広げられる
スペクタクルラブドリームストーリー
「京都夢恋路物語」
不定期更新ながら配信中
[PR]
# by sukima802 | 2005-05-21 17:00 | 京都夢恋路物語

第14話「Love power」

「どういうことだ?」
四条たちはばあさんに聞いた

「今月に入って、何者かが京都で暴れているらしい。
奴の目的は『世界征服』、世界を自分の支配下に置くことだ。
奴にはたくさんの部下がいる。そいつらは京都にいるが
いつかは京都を飛び出しかねない。
そこで、お主らが部下を辿りながら
最終的に、奴の目的を阻止してほしいんだ。」

「…なるほど」
四条らは理解した。
「勿論、あの小娘にも働いてもらうぞ。」
すると突然、遥が立ち上がった。
「四条…私はどうすればいいの?」
遥は四条のもとへ寄る。
パーンッ!
四条は遥の頬を平手で叩き
何迷ってる。自分を信じろ。
自分で決断を出さなければ、この先へは進めないぞ。

遥は静かに頷き、答える。
「四条…私のこと好き?」
四条は遥をしっかりと抱きしめ
当たり前じゃないか。俺は遥のことを
命を懸けて、守ってやる。

2人はキスをした。

…見守る春日とばあさん
「吹っ切れたぜ。ばあさんのおかげでな。
2人を恨んでも、ムダだってことが分かった。」
春日の顔にもう憎しみはなかった。
「よかったじゃないか。お主の今の顔は
一番かっこいい。さっきまでの憎悪が全て
無くなり、さわやかになっている。」
ばあさんは答えた。

春日は赤面した。
[PR]
# by sukima802 | 2005-05-21 16:44 | 京都夢恋路物語

第13話「ばあさん」

「待ちな」
四条と春日の2人は振り向いた。
そこには、ばあさんがつっ立っていた。
「2人で喧嘩でもやろうってんかい?」
ばあさんは生意気な口調で話しかけてきた。
「そうだが、アンタの名は」
四条は尋ねた。
「人に名前を聞く前に、名乗るのが
普通じゃねえのか?メガネ小僧よ」
『小僧ってアンタも死にそうな体じゃね~か』
四条は思った。
「俺の名は静内春日。生憎だが他人の
喧嘩に口を挟まれないでほしいね」
春日は言った。
「うっせ~んだよ。イッチョ前の大人のつもりか?
このクソガキどもが」
ばあさんは相変わらず、生意気な口調で言い返す。
「ぬぁにぃうぉ~。」
春日はキレている。
「落ち着かんかい。クソガキが。
で、ばあさんは俺たちに何の用だ。」
四条は質問した。
「アンタらの実力を見るんだよ」
ばあさんは答えた。
「なぜだ。なぜ見る必要がある?」
四条は言う。

アンタらが世界を救うかもしれないからだよ

2人は内容が理解できていなかった。
[PR]
# by sukima802 | 2005-05-21 16:17 | 京都夢恋路物語

第12話「つけようじゃないか」

「なにぃ?」
春日は痺れを切らした。
「言ってんだろ。俺もアンタみていなバカ見てると
虫唾が走るって。アンタの耳は飾りもんか?」
四条は眼鏡をクイッとあげながら、ものすごい冷酷な目で
春日を睨み付けて、言い放った。

-2年前-
四条と春日は同じ陸上部だったが
春日が四条との対決で負けた事を
腹いせに四条に恨みを持った。

それ以来、四条と春日は
犬猿の仲となり、いつかは決着を
つけなければならない状態だった。

-そして-

「遥、今何時だ。」
遥は恐怖のあまり泣いている。
次の瞬間、四条はキレた。
「今何時かって聞いてんだよ。
アンタはそんなことも分からん女なんかい!
泣いてる暇あったら、さっさと教えんかい!」
遥は今までに見たことがない四条に
戸惑い、恐怖の中、時間を言う
「4時半…」

「今から4時間後、8時半にやろうじゃないか。」
四条は春日に打診した。
「何をやる」
春日は四条を睨み付けた

つけようじゃないか。この確執に決着をつけるため
8時半に三条大橋下の鴨川で勝負だ」
春日は驚きながらも笑った
受けて立つ!
[PR]
# by sukima802 | 2005-05-21 10:42 | 京都夢恋路物語

第11話「意外な決着…そして…」

相変わらず、伊勢丹の中で
大喧嘩をする2人

このまま続けるとキリがないので
割愛するが、大体2時間ぐらい続いている

そこに
「2人仲良く喧嘩でっか」
2人は焦った。
ギャラリーもどよめく
「なんや、もう終わりでっか」
「アンタも変わってねぇな。春日。」
遥が四条の後ろにつくなか
四条はポケットに手を突っ込んだまま
奴を睨み付ける。

彼の名は「静内春日(しずうちかすが)」
四条とは高校時代からの好敵手である。

「仲良くデートでっか?」
春日は四条に近づき、睨み付ける。
「てめえとの決着はまだついてねぇぞ」
四条は紺のフレームの眼鏡をかけた。
本気モードの証だ
「こ…怖いよ」
遥は後ろでうずくまっている。
「遥…下がってろ」
四条は遥の肩をつかみ、ギャラリーの一人の
胸に向かい、投げつけた。
「てめえみてぇな奴を見ると虫唾が走るんだよ。」
「アンタもな」
[PR]
# by sukima802 | 2005-05-21 10:23 | 京都夢恋路物語

第10話「伊勢丹ギャラリー」

伊勢丹に迷いこんだ2人
とりあえず、伊勢丹を出ようと必死になるが…
「どうすんだよ?もう1時間は彷徨ってるぞ」
「知らないわよ。」
遥は焦りのあまり、四条を突き放す言葉を放つ
「知らないって、遥がいかんのやろ!
自信あるからって、ついてきたら伊勢丹で
迷うなんて、とんでもない話や。」
四条、キレる
「んなこた言ったって、しょうがないでしょ。
あたしは極度の方向音痴なんだから。」
遥も言い返す
「だったら、案内するなよ」
「そういう沢水君は地下鉄京都駅がどこにあるか知ってるの?」
遥は切り札を出した。しかし…
「知っとるはず無いやろ!伊勢丹来たんも今日が初めてや」
切り札通用せず…
遥、焦りまくり
「…何よ、他人ばっかり頼る沢水君がいけないでしょ」
「無責任やなぁ、全否定するなよ。」

2人の喧嘩の周りには、ギャラリーができていたが
2人は一切気づいていない。
[PR]
# by sukima802 | 2005-05-15 22:14 | 京都夢恋路物語

第9話「Train,Train…」

2人はとりあえず、京都駅に着く
「地下鉄でどこまで行くんだった?」
「四条駅、そこで阪急の烏丸駅とつながってるから」
「って、地下鉄ってどうやって乗るの?」
遥は動揺を隠せない。

彼は、超アナログ人間
電車なんて修学旅行でゲートを通ったぐらいの話である
「えっ!?電車の乗り方知らないの?」
「悪い?」
「いや、悪いとは言ってないけど…」
『電車の乗り方を知らないなんて、かわいい♥
もっと好きになっちゃった♥』
遥は妄想状態に入り込んでいる。
「お~い、大丈夫ですか~?」
「ハッ!電車の乗り方ね。その前に駅へ行きましょ。」
「うん」
四条はうなづく。

しかし…
「京都駅広いよ。大丈夫なの?」
「こう、地下にもぐれば、いつかは着くって。」
「いつかって、いつだよ。」
四条は問い詰める
「それは…」
質問に困る遥…

実を言えば、遥は京都出身にもかかわらず
極端な方向音痴である。

「何とかなるって」
「そういってる割には…ここ、伊勢丹の地下だよ」
遥はまた赤面した
[PR]
# by sukima802 | 2005-05-15 21:59 | 京都夢恋路物語

第8話「あんぐりハート」

「って、確か家は…」
「北野白梅町だよ。」
「まあ、四条にも近いし…お願いします。」
四条は頭を下げた。
遥はゆっくりとしゃがみ込み
「気にせんでええって。幼馴染の恋人同士やろ。」
涙もろい四条は思わず感極まる…
「泣かなくても…」
「だ、だって、グスン、う、嬉しいもん。」
四条は涙と鼻水の区別がつかないほど
顔がぐしゃぐしゃになっている。
遥は『子供の心が残っているのね。かわいい♥』
と思いながら
「ハンカチで涙を拭き。かっこいい顔が台無しよ。」
「ありがとう」
2人は見つめあう…しかし、世間の目が気になり
2人とも赤面する

2人は立ち上がり、再び手を繋ぎ、仲良く歩き出す。
[PR]
# by sukima802 | 2005-05-15 21:40

第7話「show time 正体」

「え~っ!!俺、記憶喪失だったの?」
情けない会話だ。当然覚えているはずもない
話によれば、母が呼んで来たみたいだ
  
彼女の名は「古河 遥」
同級生で実を言えば、彼女だ。当然、可愛い
何も分からぬまま、荷物をまとめ
病院を出て行く俺と遥…
しかし、その手はがっちりと握り締められている。
  
「金は?」と尋ねると
「あなたのお母さんが出していったわよ。」
「あのババアが!?」
「ババアじゃないでしょ。」
「つい癖で…すいません」
「これからどうするの?行宛ないんでしょ」
ドキッとした。
「何でしっとる?」
「あなたのお母さんが言ってたわよ。」
「…まあ、当然、探さなきゃならんねんけど」
「仕方ないわね。彼女なんだから。」
「彼女だからって何?」
「鈍感だわねぇ。当分の間、四条と同棲してあ・げ・る♥」
四条は口をあんぐり開けたまま固まった。
[PR]
# by sukima802 | 2005-05-13 23:32 | 京都夢恋路物語

第6話「謎の女」

俺は布団から少しだけ顔を出し
横を見る…
「沢水君でしょ?」
彼の記憶に何かが走ったのか
彼は急に頭を抱え、暴れだした。
「あ、頭が…うぁ!」
「大丈夫?大丈夫なの?」
そこにいるものは、慌てだした。
「誰かぁ、来て下さい。早く、早く…」
  
…俺はいつの間にか深い眠りについていた。
目を開けると、何か違った。
こっそりのぞいてみた。
「沢水君は大丈夫なんですか?」
『あれは…確か、遥だよな。
なぜこんなところに…つーか、
俺はなんで病院にいるんだ?』
とりあえず、話を聞いてみる…
「大丈夫です。記憶の断片にあなたがいたから
あなたに反応して、記憶が呼び起こされていたのでしょう?」
『俺は記憶喪失だったのか?』
  
(次の瞬間、彼を除く全てのものが驚いた。)
「って、起きてたの~。」
「はい…って俺、記憶喪失だったんすか?」
  
俺はまだ状況が把握できてなかった。
[PR]
# by sukima802 | 2005-05-11 00:00 | 京都夢恋路物語